2010年06月03日

Google SEOと検索需要調査。グーグルの「キーワードツール」と「キーワード最適化ツール」

Google SEOを行う前に通常は対策するキーワードを決める必要がある。
このキーワード選定は当然ながら、Google検索で実際によく検索されているキーワードを選ぶ事がポイントとなる。
Google検索ユーザーが実際に検索する事のないキーワードでGoogle検索で上位表示を達成しても意味が無い。
そういう意味で、このGoogle検索ユーザー向けのキーワードを選定する作業も、Google SEO対策の一部だとは言える。

では、Google検索ユーザーの間で実際に需要のあるキーワードはどこから発掘すればいいのか?
一番オーソドックスな検索数調査手段は、Google Adwordsが提供する「キーワードツール」と「キーワード最適化ツール」だ。
基本的には、「キーワードツール」をメインで使い、必要があれば「キーワード最適化ツール」を補助として使うのがベストな利用法だ。

この「キーワードツール」の設定をマッチタイプ「完全一致」にして、検索数を知りたいキーワードを入力すれば大よその月間検索ボリュームは把握できる。
このキーワードツールで表示される月間検索ボリュームは正確な数字では無いので、参考程度に留め信じ過ぎない事である。
調査するキーワードによって、毎月一定の月間検索ボリュームがあるにも関わらず、月間検索ボリュームデータ無しと表示されることがある。
つまり本来の検索数よりも少ない検索数または検索数ゼロとして表示される事があるということ。

逆に、実際の検索数よりもかなり多めの月間検索ボリュームが表示されるキーワードも多数存在する。
このかなり多めに表示される月間検索ボリュームを信じて、そのキーワードで参戦してしまうと痛い目を見る。
本当は検索数は殆ど無いにも関わらず、同じようにGoogleのキーワードツールの提示するかなり多めの嘘検索数データを信じ参戦してきた多数の競争相手と戦わねばならなくなる。
いうまでも無く、上位表示が達成できたとしても費用対効果・時間対効果は最悪となる。

なので、キーワードツールの数字を過信するのは禁物。
同じくキーワード最適化ツールの数字もである。

キーワード最適化ツールは、キーワードツールで検索したキーワードで「キーワード候補」が見つからない時に利用する。
また、キーワードツールで検索数が表示されない時にキーワード最適化ツールで検索すると検索数が表示される事があるので、それなりの利用価値はある。
しかし、このキーワード最適化ツールの数字も信じ過ぎは危険である。
キーワード最適化ツールの検索数も正確では無いからだ。

実際の検索数の把握をキーワードツールやキーワード最適化ツールだけで把握する事はできない。
分かるのは大雑把な検索数のみである。
検索数をさらに正確に把握するには、Google Adwordsが提供するツール以外の検索数調査ツールも併用する必要がある。

By SEOコンサルタント トンちゃん

検索エンジン上位表示SEOサポートSEO見積りSEOプロSEOセミナーSEM代行SEM会社SEM対策インターネット広告代理店ネット広告代理店SEM

SEOコンサルタント
posted by SEOコンサルタント at 00:00| SEO対策コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

同一ドメインからの大量被リンクは効く?「答」同一ドメインからの適量被リンクなら効果大

同一ドメインからの大量被リンクは効くだろうか?
同一ドメインからの適量被リンクなら効果は大である。

ポイントは同一ドメインからの大量被リンクでは無く「適量被リンク」だというところ。
同一ドメインから一個だけ被リンクをもらった場合と、数個の被リンクをもらった場合では、それらの被リンクが「自然リンク」の枠内に収まるリンクであるならば、数個の被リンクをもらった方が上位表示効果は高まる。
ただし、いくら「自然リンク」の枠内に収まる被リンクを同一ドメインから獲得するといっても、十分なSEO効果が期待できるのは被リンク数が適量の範囲内に収まる場合のみだ。
適量を越えて大量に同一ドメインから「自然リンク」の枠内に収まる被リンクを獲得しても「適量」以上の上位表示効果は期待できない。

トンちゃんはSEO対策において「自然」と「人工」という言葉がキーワードであると申し上げる事が多いが、もう一つのSEO対策におけるキーワードが「適量」である。
この「適量」の枠に収まる被リンク付けを各ドメインから行う事がSEO対策では大切。
「自然」リンクの枠内の被リンクであれば、大量であってもそれでマイナスになるわけではないが、プラス作用は殆ど無い。
適量を越えて大量になるまで被リンクを供給しても、それ以上の上位表示効果は期待できない。
その適量を越えた大量部分の被リンク供給に費やした時間は全て無駄と思って頂いて差し支えない。

その無駄に費やした時間分を他のドメインからの被リンク付けに回していれば、メインサイトの検索順位はもっと上がる事に気づく必要がある。

By SEOコンサルタント トンちゃん

検索エンジン対策検索上位上位表示外部リンクバックリンク被リンクSEO料金SEO実績よくある質問・Q&A問合せ・申込みSEO東京検索上位表示
posted by SEOコンサルタント at 00:00| SEO対策コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

ユーザーの検索内容に応じて、ユーザーごとに異なる検索結果を返すGoogle検索とYahoo検索

ユーザーの検索内容に応じて、ユーザーごとに異なる検索結果を返すのがGoogle検索である。
これは、Yahoo検索(YST)でも同じ。
この検索ユーザー個人単位で異なる検索結果を返す検索機能をパーソナライズド検索(個人化)などと呼んだりする。

個人化された検索結果は、各個人のそれまでの検索履歴などがベースとなって作られている。
グーグルであれば、グーグルの検索結果画面の右上に「ウェブ履歴」というリンクがあるのが分かると思う。
そのウェブ履歴をクリックすると、貴方のグーグル検索での検索結果が貴方向けにカスタマイズされたものである事に気が付くだろう。
Google検索では貴方の検索履歴に基づいて検索結果を表示する機能がデフォルトで「ON」になっている事が分かる。

SEO対策人の中には、このGoogleのパーソナライズド検索(個人化された検索)の存在を知らない方や忘れている方が多い。
自分の検索結果画面が自分ピッタリに個人化されている事に気づかず、自サイトの検索順位を追っていたりするのだ。
個人化された検索結果画面で自分のメインサイトの検索順位が1位でも、個人化されていない標準の検索結果画面の順位では30位以内にすら入っていないという事はよくある。
検索需要のあるキーワードで1位表示を達成したのにアクセスが殆ど無い、またはアクセスゼロならば、それがYST(Yahoo検索)であろうとGoogle検索であろうとパーソナライズド検索(個人化された検索機能)を思い出してもらいたい。
YSTやGoogle検索のパーソナライズド検索機能のスイッチがONになっているはずなので、スイッチをOFFにする必要がある。

この個人化された検索結果を表示する為に、各検索エンジンはクッキーなどのブラウザ経由で貴PC上に保存されている履歴データなども使っている。
その為、毎回検索順位をチェックする前に、ブラウザのクッキーなどを全て消去するよう癖づけておくことが大事。
ブラウザ経由で蓄えられている検索履歴情報などはブラウザの上部のメニューバーから削除が可能なので自分で探す事をおすすめする。

Yahoo検索(YST)Google検索で正確な検索順位を知りたいならば、クッキー情報や検索エンジン固有のウェブ履歴などのデータを消去しておく必要がある。

By SEOコンサルタント トンちゃん

ネット広告代理店SEM対策SEM会社SEM代行

SEOサービスSEO会社SEO激安SEO低価格検索エンジン登録代行SEOコンサルティングSEO費用SEO格安

posted by SEOコンサルタント at 00:00| SEO対策コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。