2010年06月01日

ユーザーの検索内容に応じて、ユーザーごとに異なる検索結果を返すGoogle検索とYahoo検索

ユーザーの検索内容に応じて、ユーザーごとに異なる検索結果を返すのがGoogle検索である。
これは、Yahoo検索(YST)でも同じ。
この検索ユーザー個人単位で異なる検索結果を返す検索機能をパーソナライズド検索(個人化)などと呼んだりする。

個人化された検索結果は、各個人のそれまでの検索履歴などがベースとなって作られている。
グーグルであれば、グーグルの検索結果画面の右上に「ウェブ履歴」というリンクがあるのが分かると思う。
そのウェブ履歴をクリックすると、貴方のグーグル検索での検索結果が貴方向けにカスタマイズされたものである事に気が付くだろう。
Google検索では貴方の検索履歴に基づいて検索結果を表示する機能がデフォルトで「ON」になっている事が分かる。

SEO対策人の中には、このGoogleのパーソナライズド検索(個人化された検索)の存在を知らない方や忘れている方が多い。
自分の検索結果画面が自分ピッタリに個人化されている事に気づかず、自サイトの検索順位を追っていたりするのだ。
個人化された検索結果画面で自分のメインサイトの検索順位が1位でも、個人化されていない標準の検索結果画面の順位では30位以内にすら入っていないという事はよくある。
検索需要のあるキーワードで1位表示を達成したのにアクセスが殆ど無い、またはアクセスゼロならば、それがYST(Yahoo検索)であろうとGoogle検索であろうとパーソナライズド検索(個人化された検索機能)を思い出してもらいたい。
YSTやGoogle検索のパーソナライズド検索機能のスイッチがONになっているはずなので、スイッチをOFFにする必要がある。

この個人化された検索結果を表示する為に、各検索エンジンはクッキーなどのブラウザ経由で貴PC上に保存されている履歴データなども使っている。
その為、毎回検索順位をチェックする前に、ブラウザのクッキーなどを全て消去するよう癖づけておくことが大事。
ブラウザ経由で蓄えられている検索履歴情報などはブラウザの上部のメニューバーから削除が可能なので自分で探す事をおすすめする。

Yahoo検索(YST)Google検索で正確な検索順位を知りたいならば、クッキー情報や検索エンジン固有のウェブ履歴などのデータを消去しておく必要がある。

By SEOコンサルタント トンちゃん

ネット広告代理店SEM対策SEM会社SEM代行

SEOサービスSEO会社SEO激安SEO低価格検索エンジン登録代行SEOコンサルティングSEO費用SEO格安

posted by SEOコンサルタント at 00:00| SEO対策コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

Google SEO対策。重要な上位表示要因の一つアンカーテキストマッチ

相変わらず、ライブドアニュースはRSSやサイトのサイドメニューに表示するトピックスの見出し(アンカーテキスト)は質が低い。
リンク先ニュースのページテーマ・ページの要点と関係無い釣り文句ばかりアンカーテキストに記述している。

クリック率を上げる為の戦術なわけだが、イメージ悪い。
アンカーテキストに記述されている期待した内容が全然書いて無い。
期待はずればかりでイライラする。

こういうアンカーテキストの内容とマッチしないページが、被リンクのアンカーテキストに含まれるキーワードで上位表示されると検索ユーザーは迷惑する。
アンカーテキストにキーワードさえ入れれば順位が上がる?
そんなに最近のGoogle検索は甘くない。

アンカーテキストに記述された内容(要はキーワード)と、実際のリンク先ページのテーマ・内容(要はキーワード)が合致している場合は、それがGoogle検索では順位を上げる要因になるが、被リンクのアンカーテキストとリンク先ページのテーマ・内容がマッチ(合致)しない場合は、たいした上位表示要因にはならない。
これを覚えておく必要がある。
この点で、ライブドアニュースのSEOは失敗している。

ライブドアニュースの場合はSEOよりもクリック率を上げる事を意識しているのは見れば分かる。
Give(相手の事を考える)では無く、Take(自分の事を考える)を意識しているのがライブドアニュース。
ライブドアの他のサービスが悪いとは思わないが、ライブドアニュースに関しては最悪のニュース媒体の一つだと思っている。

リンク先ページの内容(キーワード)と一致しない釣り文句(キーワード)をアンカーテキストにしてリンクを設置しすればするほど読者満足度とSEO効果の両方が落ちる事に気づいて欲しいものだ。
アンカーテキストに記述する内容は、そのリンク先ページの要約であって初めて読者満足度を高める事が出来る。
それが出来ていれば、アンカーテキストに記述した内容とリンク先ページの内容がマッチする「アンカーテキストマッチ」(SEOの上位表示要因の一つ)を満たせるわけだから、やって損する事は何もないのだ。

By SEOコンサルティング トンちゃん

保険見直し保険相談保険ブログ医療保険見直し生命保険見直し保険代理店

Yahoo SEO格安SEOSEO業者Yahoo SEOGoogle SEO対策Yahoo SEO
posted by SEOコンサルタント at 00:00| SEO対策コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。