2010年05月04日

Google SEO対策。重要な上位表示要因の一つアンカーテキストマッチ

相変わらず、ライブドアニュースはRSSやサイトのサイドメニューに表示するトピックスの見出し(アンカーテキスト)は質が低い。
リンク先ニュースのページテーマ・ページの要点と関係無い釣り文句ばかりアンカーテキストに記述している。

クリック率を上げる為の戦術なわけだが、イメージ悪い。
アンカーテキストに記述されている期待した内容が全然書いて無い。
期待はずればかりでイライラする。

こういうアンカーテキストの内容とマッチしないページが、被リンクのアンカーテキストに含まれるキーワードで上位表示されると検索ユーザーは迷惑する。
アンカーテキストにキーワードさえ入れれば順位が上がる?
そんなに最近のGoogle検索は甘くない。

アンカーテキストに記述された内容(要はキーワード)と、実際のリンク先ページのテーマ・内容(要はキーワード)が合致している場合は、それがGoogle検索では順位を上げる要因になるが、被リンクのアンカーテキストとリンク先ページのテーマ・内容がマッチ(合致)しない場合は、たいした上位表示要因にはならない。
これを覚えておく必要がある。
この点で、ライブドアニュースのSEOは失敗している。

ライブドアニュースの場合はSEOよりもクリック率を上げる事を意識しているのは見れば分かる。
Give(相手の事を考える)では無く、Take(自分の事を考える)を意識しているのがライブドアニュース。
ライブドアの他のサービスが悪いとは思わないが、ライブドアニュースに関しては最悪のニュース媒体の一つだと思っている。

リンク先ページの内容(キーワード)と一致しない釣り文句(キーワード)をアンカーテキストにしてリンクを設置しすればするほど読者満足度とSEO効果の両方が落ちる事に気づいて欲しいものだ。
アンカーテキストに記述する内容は、そのリンク先ページの要約であって初めて読者満足度を高める事が出来る。
それが出来ていれば、アンカーテキストに記述した内容とリンク先ページの内容がマッチする「アンカーテキストマッチ」(SEOの上位表示要因の一つ)を満たせるわけだから、やって損する事は何もないのだ。

By SEOコンサルティング トンちゃん

保険見直し保険相談保険ブログ医療保険見直し生命保険見直し保険代理店

Yahoo SEO格安SEOSEO業者Yahoo SEOGoogle SEO対策Yahoo SEO
posted by SEOコンサルタント at 00:00| SEO対策コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。